リボ払いよりもキャッシング?!

リボ払いはしない方が良い

1回で購入できないように商品やサービスの購入で、リボ払いを利用する人が増えていますが、私はリボ払いはお勧めしない派です。

借金の感覚が薄い

リボ払いは、一定額以上は、毎月同じ額の返済しかしない方法になるので、借りている金額が増えても気づきにくく、借金と言う感覚が薄れてしまうため、収入以上の消費をしてしまう可能性が高くなります。もともと、もっていないお金以上の消費をしてしまうアメリカ社会でうまりた支払い方法ですから、破綻する確率が高い危険な商品の買い方だと思います。
余計に利息を支払う事になりかねない

リボ払いの金利は、14〜15%程度が主流ですので、カードローンのキャッシングの上限金利18%ぐらいと比べるととても安い気がします。しかし、月の返済額を5000円ぐらいから設定することになるので、5万円程度でも1年ぐらいかけて返済することになります。5万円程度であれば、普通は2〜3回で支払える筈だと思いますので、金利に多少差があっても、結局は余計に利息を支払う事にもなります。
無利息を使えば利息は安い

カードローンのキャッシングの方が3%ぐらい金利が高くなることがほとんどですが、30日間無利息などを利用すれば、2ヶ月で返済するのであれば、実質半分の利息しか付かないわけですから、リボ払いにするぐらいならば、カードローンを敷くってキャッシングして現金で購入してしまったほうが安く買ったことになるでしょう。

キャッシングであれば返済日のお知らせなどメールが来ますから、自分が借金している事、いくら借りているかが意識できますから、いつ返済して、いつ完済しているのかも自覚できにくいリボ払いよりも破綻するリスクはずっと少ないと思います。借金は借金と自分で意識してするのか゛正しいのです。

リボ払いよりも5万円キャッシングが得関連ページ

銀行カードローンとノンバンクカードローンの違いは?
銀行のカードローン、ノンバンクのカードローンいったいどちらがいいのか悩んだら、その違いについて比較してみましょう。そうすればあなたの条件に合ったカードローンえら日ができます。
無利息キャッシング比較ランキング
同じ無利息でも無利息になる木準備が違うので注意する必要があります。比較することでどれが一番得なのかランキングしてみました。
即日5万円キャッシングするには
そのひのうちに5万円を借りたい場合は、即日キャシングできるカードローンに申込みましょう。
同僚に5万円借りて大失敗した話
急にお金が必要になって同僚に5万円を借りたが、それがもとで大変な事態になってしまった。まだキャッシングしたほうが良かった。
3万円だけ直ぐに借りたい場合
今すぐにでも3万円だけ借りたい場合、焦って借りて失敗することがあります。たかが3万円と侮るなかれ。ちゃんとしたところで借りないと大変なことになります。
友人に5万円借りて友達を失った話
たかだか5万円と侮るなかれ。友人に安易に借りてしまったがために、大切な旧友を失う事にもなる。少しぐらいの利息をケチらない方がいい
給料日前に5万円だけ借りたい人に役立つ話
給料日前に5万円だけ賢く借りる方法。一時的に借りてすぐ返すだけならば、金利よりも無利息の期間を重要視すべし。
3万・5万借りるならばプロミスが良い理由
少額のキャッシングをするのならばプロミスが色々な点で有利です。その理由は1つではなく炭酸あります。特に繰り返し使う人は、ポイントがたまるので得です。
5万円消費者金融で借りるのとクレジットカードのキャッシングどっちがいい
消費者金融というとイメージが悪いような気がしますが、それは昔の話。今名前の通っている消費者金融は銀行の系列会社ばかりなので安心
繰返し5万円キャッシングすることがあるのならは上限金利で比較すると良い
無利息でのキャッシングは初回しか使えないので、繰り返し5万円程度のキャッシングをする人は、上限金利で比較してカードローンを選ぶとよい。
複数のキャッシングカードローンを同時に申込むと不利になる場合もある
早く借りたいから、念のために複数のカードローンに申し込みをする。その気持ちも分かりますが、審査で不利になる場合も考えられますから注意してください。
女性専用キャッシング|女性が気軽に5万円キャッシングできるところはないの?
キャッシングを中心としてお金に関する役立つ疑問点を解消するのに役立つ情報をまとめています。
 
女性向けキャッシング 無利息キャッシング比較 銀行とノンバンクの違い 同僚に借りて大失敗 即日5万円借入